グッドなフェラシュマッシュ

グッドなフェラシュマッシュを選ぶ上で重要なポイントを抑えて紹介します。いかに効果的に、コストを抑えれるか?わかりやすいように数字で比較してあります。

とても外圧を感じないようにする

   

“疾病は意思からと言われますが、ぼくはメタボリックも意思からと考えています。

鏡を見るたびに「メタボリックだなあ」と心情で呟く。
すると暗示のように、そのフレーズと五感がボディに巡ってゆくのです。

そして傍からも。
ぼくは「太ったね」などとそれぞれに言う事はしませんが、会釈代わりにニッコリしながら口にするそれぞれというのも存在します。

人から言われたフレーズは胸に刺さり、大きな葛藤となって大切なベース交代を下げてしまいます。

ベース交代は何もしなくてもカロリーを消費していく力で、痩身においても現役においても交代は何とも大切なもの。
葛藤はその力を弱めてしまう最大の敵であると思います。

人から言われても気にしない、というのも1つの技法でしょう。
しかし、とっても葛藤を感じないようにするのは本当に厳しいのではないでしょうか。

そもそも「太ったね」と言われないようにする事が断然大切なのです。

どうすれば良いか。
痩せれば当然言われなくなります。
それは必須。

しかし、世の中には明らかに太っていても太ったと言われないそれぞれもいるのです。

その1つの技法は、自分でメタボリックだとは絶対に言わない要素。
自分で言うと、周りにも必ずそのイメージをつけてしまいます。
他の人が「ぼくってメタボリックだから」と言っていたら「そんな事薄いよ。そんな風に思わないで。」とだけ言ってあげましょう。
「私も!」とは言わないで気持ち良い顔付きをする事を心掛けましょう。

もちろん自分で鏡を見る度吐息をつくのもやめる要素。
良い所を探して、仮に近頃太っていても「やっとこれから」と自分に声をかけましょう。

自信を持って凛としたそれぞれにはネガティヴなフレーズをかけ辛くなるものです。
自然と周りのもてなしは変わっていくでしょう。

葛藤を受けづらくなれば自然と微笑も増え、無駄な食欲も減り、交代はもっと上がってだんだんと本来の自分に戻っていけるハズ。

あなたが仮に、生まれつきのメタボリックなスタイルこの方法で痩せることは難しいかもしれませんが、この方法で美しくなることは可能だと思います。

痩身はボディだけでなく、神経が相当生命である事は間違いないのです。ミオナール

 - Uncategorized